HITORI BLOG

見たこと、聞いたこと、気になること、思いついたこと、思い出したこと

【Dior 中国の地図について謝罪】一つの中国原則を支持?

f:id:hitoritube:20191018222659j:plain

 

高級ブランド「クリスチャン・ディオール」が、台湾が描かれていない中国の地図をプレゼンテーションに使用したことについて謝罪し、台湾を中国の領土の一部とする「一つの中国」原則を支持すると表明したらしいです。

これってまだ現時点でTVニュース(少なくとも地上波)ではまだやってないと思うけど、すごいニュースだと思います。※やってたらすいません。。

中国は台湾を中華人民共和国の一部と主張していることは、勉強嫌いな私でも知っていますが、いま台湾を独立国家と認めている国って19か国らしく

ベリーズエルサルバドルニカラグアグアテマラホンジュラスカリブ海地域のハイチ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシアセントビンセント・グレナディーン、南米のパラグアイオセアニアキリバスマーシャル諸島ナウルパラオソロモン諸島、ツバル、アフリカのブルキナファソスワジランド、欧州のバチカン

が、そうらしいです。

あまり聞きなれない国がほとんどですね。

確かにあの中国を前に台湾を独立国家として認めることを公言することは非常に難しいことだというのは、勉強をしてこなかった私にも容易に想像がつきます。

そんな中に、このニュースですから驚きました。

フランスを代表する世界的ブランドが、‘‘それ‘‘を支持するって言っちゃったんですからね!

そりゃ、中国でモノをもっともっと売りたいんでしょうけど、Diorさん、あまりにも安易過ぎませんか?

Dior社として「一つの中国」に賛成しているとかならわかりますけど、きっとそうではなさそうだし。

さらにDiorだけじゃなく、同じ様な問題で伊ベルサーチや米コーチ、仏ジバンシィという高級ファッションブランドも、商品に中国の主権を侵害するデザインがあったとして、相次いで謝罪を表明しているっていうんだから。

金持ち(国を含め)相手の米つきバッタばかりなんでしょうか。